Now Playing Tracks

 【質問】
 蒙古騎兵はなぜ日本では活躍できなかったの?

 【回答】
 馬を世話すると分かるが,水は一日も欠かせない.しかも大量に.
 カイバもそう.
 運動も必要だ.
 これらを欠かすと,すぐに馬は病気になる.
 狭い船の中で,しかも熱気のある環境だとすぐにくたばる.
 馬は暑いのが苦手だからね.
 江南の軍の渡来では,あそこから馬を運んでくるのは,上記の理由を持って不可能といってよかった.(馬が途中でへばってしまう).
 したがって長途航海に馬を運搬するのが至難だというのは,容易に想像がつく.

 また元寇の間,元軍は船上で日常生活?を送っていたと思える.
 馬を帯同していたら食餌等の問題で,船上生活は不可能だろう.

 仮にそれらをなんとかできたとしても,玄海灘なら2日くらいでなんとか越えられるが,日本に到着したら即刻,馬を下船させ,水やカイバを与えなければならない.
 幸いに日本は清流の国なので,水は豊富だが,与える牧草は供給に苦労するだろう.
 モンゴルが大陸を制覇したような,機動的な騎馬戦を日本国土で展開するのは不可能といっていい.

 事実,蒙古絵を見ても,馬に乗った蒙古兵は描かれてない.
 蒙古兵の力は日本では発揮することができなかった.

 したがって,モンゴル軽騎兵ではなく,散開歩兵であったと思われる,
 これでは,弓術に秀でた鎌倉武士の騎馬隊に対し,充分な攻勢を示せず,橋頭堡を確保するどころか,慣れぬ船上生活に押し込められたまま消耗してしまったのだろう.

 要するに,日本侵攻には無理があったということです.

Mongol Japanese War FAQ|軍事板常見問題 戦史別館 (via petapeta)
いいですか、小保方が今批判されてる内容は、ほとんど昨日までの段階でも言われてることなんですよ 圧倒的不利な状況で記者会見やってマスコミに突っ込まれても、新たな批判材料を生まなかった これだけでも奇跡的、大有能なんですよ 普通はやっちゃうんだよ、熊手とかペラペラ領収書を
Twitter / redbull_p (via hutaba)
電車で、若いお母さんと幼女の会話。

幼「ママの買ったのって、くらーげん?」
母「そうだよ」
幼「ぷるぷるする?」
母「するする」
幼「くらげもぷるぷるだもんねー」
母「えっ」
幼「えっ」
母「……くらげとコラーゲンはちがうよ?」
幼「くらげからくらーげんができるんだよ?」
母「違う違う違うwそれと、くらーげんじゃなくてコラーゲン。」
幼「くらーげんないの?」
母「くらーげんじゃなくてね、コラーゲンなの」
幼「こらーげん……」
母「コラーゲン」
幼「……こらげはどこにいるの?」


笑ってしまった。
続・妄想的日常 - くらーげん (via darylfranz)
To Tumblr, Love Pixel Union